医技科室

衛生部直轄管理すます三級A等病院の医学部門として、三十年の発展、成長を経て、中日友好病院の医学部は医療、教育、科学研究を一体化したコメディカル科室となりました。臨床の必要の薬品を購入、品質管理、調整、院内製剤の作成の作業のほかに、薬学部は治療用薬物モニターリング、薬物治療に関すますカウンセリング、臨床治療試験プログラムへの参加などの薬学サービス、新薬研究開発、製剤研究開発、臨床薬学応用と基礎研究など仕事をこなし、臨床に多種の薬学技術サービスを提供しております。病院の薬学技術部門として、薬学部は「薬品管理法」などの関係法律、規制、病院管理制度を遵守し、薬事管理と薬物治療委員会、薬品質管理委員会及び薬品不良反応監督委員会の3つの病院級管理委員会の日常仕事に深く参入しております。

医学部5つの二級科室を設置しており:西洋薬調剤科、漢方薬調剤科、臨床医学室、製剤科と薬品科があります。現在のスタッフは116人で、主任薬剤師クラス3人、副主任薬剤師クラス4人、薬剤師クラス61人です。学歴について、博士卒が5人、大学院生卒が9人、大学生48人です。

医療特色:

薬品調剤:全スタッフは「患者至上、文明医療」という病院スローガンを遵守し、病院の外来、救急と入院患者の薬品の需要を満足すます上、外来の中西医薬局で薬品カウンターを設立し、患者さんに薬品に関すますアドバイスをすます。入院薬局は先端的な全自動処方箋デバイスを使い、入院患者に安全、清潔な経口薬を提供しております。全調剤薬剤師は仕事中に不合理な薬品使用に有効に干与し、外来薬局に処方箋審査、処方箋評価などを実施し、病棟に入院患者の薬品使用審査を展開し、全病院の患者さんの薬品使用にチェックしております。2010年、外来薬局は中央直属機関に「青年文明職場」という名誉称号を授与され、外来漢方薬局は北京市中医薬管理局に「北京市示範漢方薬局」という称号を授与されました。

臨床薬学:臨床薬学室は超高速液体クロマトグラフィー - 質量分析器(UPLC-MS/MS)、超高速液体クロマトグラフィー分析システム(UFLCXR-PDA)、高速液体クロマトグラフィー(3D-FLD、VWD)、全自動化学発光免疫測定アナライザー、原子吸光分光光度計、全自動遺伝子チップリーダー器、PCR装置、マイクロプレートリーダーなどの先端な分析設備が配置され、12項目の治療薬物にお観測作業、4項目の遺伝子型測定作業、高フェニルアラニン血症の鑑別診断作業を常に実施しており、治療薬物観測技術を元に、臨床個別化治療に参入すます。

011年7月25日、民生部の批准を得て、当院薬学部の張相林主任薬剤師が起動した全国性治療薬物観測学会--「中国薬理学会治療薬物観測研究専門委員会」を正式に成立させ、第一回の主任委員を務めた。オフィスの所在地は当院の薬学部に設定した。中国薬理学会付属の全国性二級学会として、治療薬物観測研究専門委員会は我が国の関係分野の専門人材に交流のフォーラムを提供し、我が国の治療薬物の観測と薬物個別化治療に更に促進させた。
臨床薬学室には5名の専任臨床薬剤師を配置し、「合理的に薬物を使用すます」を中核とした臨床薬学作業を展開し、臨床疾患の診断、治療に参入し、患者さんに薬学技術サービスを展開した提供し、病院に各項目の合理的に薬品使用の基礎テータと評価指標を提供しております。北京市十の薬物警戒ステーションの一つとして、臨床薬学室は臨床薬物の評価研究、薬物不良反応観測などの作業を展開しております。臨床薬学室は「中日友好病院薬物インフォメーション」と「中日友好病院合理的に薬物使用インフォメーション」を編集し、内部発行と院内ネットワークなどの方式を通じ、医師、看護師に薬品の情報や使用参考を提供すます。「中日友好病院薬物インフォメーション」全国400の病院と連携し、定期的に交流を交わり、医薬分野の良い評判を得て、北京地域優秀薬品インフォメーション一等賞を受賞されました。

病院製剤:中西薬製剤室が当院中西医結合の医療特色を背景に、有名な漢方医のTCM処方箋を基礎に病院製剤を開発し、患者さんに品質がよく、安全な百種類の中西医薬特色製剤を提供し、臨床により多くの選択肢を与えます。製剤室には、静脈輸液液体センターががあり、集中的に臨床患者に腸外栄養液と静脈用危険薬物を作成し、患者さんの薬品使用の安全を保証したとともに、臨床科室の看護師の仕事の量を低減し、もっと看護の仕事に投入できるようにしました。

薬品品質管理:薬品科は、当院の「薬事管理と薬物治療委員会」作成した購入項目を厳格に遵守し、固定の業者に従来の入札薬品を仕入れます。薬品科は、低温貯蔵ライブラリ、クールライブラリ、薬物麻薬専用ライブラリなどを設置し、各種の薬品の品質を保つのです。薬品科はまた、薬品のデータベースと医療保険情報データベースを構築し、専門者に任しメンテナンスし、病院薬品情報システムの正常運転を保証すます。病院薬品の品質を保障すますため、薬学部は薬品品質管理ネットを依存し、薬学部の各薬局、薬品倉庫と製剤室に12名の品質監督員を配置し、毎月所在チームの1%薬品をスポットチェックし、主に、漢方薬、漢方薬注射剤、麻酔薬と病棟カーディナリティ薬とレスキュー薬をチェックすます。このほか、薬品検査室の薬剤師は毎月定期的に書くチームに薬品の品質をスポットチェックし、毎年平均2000バッチをスポットチェックしております。当院の薬品品質を保障すますとともに、患者さんに安全な薬品を提供し、品質を厳格にチェックしております。

科学研究について:

国家新薬臨床I期試験基地の臨床薬学実験室として、臨床薬学実験室が創立されて以来、数十目の新薬I期研究(薬物動態とヒトの生物学的利用度或いは生物学的同等性試験)及び前臨床薬物動態などの仕事を展開した。長期的な体内薬物分析実践は実験室の発展に実力を累積させ、礎を固めたのです。1980年代から、実験室は治療薬物観測(TDM)を実施し、臨床医師に正確な観測データを提供し、腎臓移植術後の患者さんの治療案設定にも使っていた。現在、実験室は臨床応用向けの「三専三新」プロジェクトを展開し、ミコフェノール酸モフェチルの血中濃度の定量測定とカルモジュリン阻害剤の治療効果個別アセスメント、子供の高フェニルアラニン血症の鑑別診断、ヒト尿ネオプテリンとビオプテリン定量的診断解析、薬物の遺伝子型測定などの新プロジェクトがあります。現在、多種の科学研究基金を獲得した。現在の科学研究プロジェクトは:国家科学技術重大専門プロジェクト「miRNAのターゲットに基づくヌクレオチド急性骨髄性白血病に対すますオリゴ薬物研究- 薬物動態学的研究」、首都医学発展基金プロジェクト「トリプル四重極LC-MS免疫抑制剤の治療薬物モニターリングの臨床応用研究」などがあります。

製剤室は漢方薬の研究開発--漢方薬提出物、新アクセサリー、新製剤型と薬品品質標準研究などの任務を担当しており、ここ数年、「胃腸通粒子薬」が新薬に移転し、「補腎舒脊粒子薬」は北京市薬品管理局の批准番号を得た。現在は7種類の製剤が臨床観察の段階に入り、7種類の製剤が臨床前の薬学、医学の研究が進行中です。

教育について:

2006年から、衛生部臨床薬剤師基地、北京市入院薬剤師規範基地及び北京市コミュニティ薬剤師育成教育基地として、薬学部は各ステップの生涯教育のプログラムを展開しており、病院薬剤師チームに優秀な中核人材を育成したのです。6年来、臨床薬剤師基地が腎臓内科専門、内分泌専門と感染症専門の臨床薬剤師育成事業を担当し、全国各地から来た17人の臨床薬剤師が衛生部資格証明を得て、9名の臨床薬剤師が研修中です。北京市入院薬剤師規範基地が北京市各病院の8名の薬剤師を育成し、現在は24名が研修中です。北京市コミュニティ薬剤師育成教育基地が5期にわたってコミュニティ薬剤師の薬学知識基本理論教育と実践技能教育を実施し、600名のコミュニティ薬剤師を育成しました。長い間、北京大学薬学院、北京中医薬大学などの大学の薬学院の大学生、大学院生の専門実習作業を担当しております。二回連続して、国家生涯教育プロジェクト(治療薬物観測理論及び技術特訓)を催し、当院薬剤師が毎年国際会議に参加しており、国際有名な専門家をも招へいしております。この他、薬学部は薬剤師チームの全体水準の向上を非常に重視し、毎月全スタッフの薬学研修を実施しており、薬剤師の専門レベル、サービスの質の向上を目指しております。薬学部はまた、中間管理職のスタッフに対し研修を行い、管理水準を向上させ、科室の運営の効率を高めます。

連絡先:

副主任教授:陸 進(8610)8420-5559、張 相林(8610)8420-5370

インフォメーション:

(8610)8420-5245(外来西洋薬局)

(8610)8420-5023(外来漢方薬局)

(8610)8420-6096(入院薬局)

(8610)8420-6032(臨床薬学チーム)